日々思っていること、小ネタなどなどALL MIGHTYな 日記スペース。 ちょっとTEA ROOMでmake yourself at home(^^)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
全然更新できずにすみません・・・。
こんばんは。



今日は妹とキャッツに行ってきました。




このレポ・・・いつかけるか分かりません。。。



リハはイー君出たのでなんとか書きたいのですが、




質問が9こもあったのでちょっと無理かも・・・。




私のこの記憶力がいつまでもつかが問題です。



ただし便利なことに私の脳みそは、


一度聞いたことは大体エンドレスで覚えているので何とかなるかな。




で、、、今卒論がマジで切羽つまり始めてます。




いや、まだ11月なんだけど、これから内容つめたりしないといけないから、




何だかんだ大変です。



てかこんな専門選ぶんじゃなかったぜ・・・。



最近書いてる卒論↓


レッシングと、「賢者ナータン」の成立事情

ゴットホルト・エフライム・レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)は1729年1月22日にザクセン州のカーメンツという地域生まれた。

父は牧師でありレッシングに神学の道に進んでほしかったが、彼はライプツィヒ大学で医学と神学を学んだ後、自由を求め、創作活動とともにさまざまな職を歴任している。のちに彼は父に手紙で 「とにかく自由に生きていけたら、豊かな生活であろうとなかろうと私には同でもよいことなのです。」と語っている。この手紙からは父の期待を裏切り、神学の道へ進まなかったことへの後ろめたさからの言い訳も含まれているのではないかという考えもあるが、文章を読むと彼の「自由」とは表現や創作の自由であったため、彼はこの当時からわずかながら演劇に関わっていたとも思われる。

彼の生きた18世紀はイギリスやフランスからは遅れを取っていたが、ドイツも経済発展にとも市民階層の誕生が見え始めた。これによって市民的基盤、市民的視覚が生まれ、創作活動においても自由や人間の権利、宗教的寛容の空気が高まっていた。

「賢者ナータン」の成立事情には、彼の知人の牧師であったゲ―ツェ(Johann Melcior Goeze)との間で交わされたドイツ文学史上屈指の神学論争がある。彼はライマールス(ドイツ啓蒙時代の哲学、神学者)の著作の一部を公刊したことが原因で正統ルター派のからキリスト教の敵とみなされ神学論争を余儀なくされた。このとき彼は正統派の偏狭な神学に劇形式によって立ち向かうことを決意し、その意図をライマールスの妹エリーゼに手紙に書いている。

レッシングは「イエスと彼の使途の目的について」を最後にゲーツェとの神学論争から不本意ながら身を引くことになったが、1778年10月についにゲーツェの地元のハンブルクで、検問の必要のない方法でこれに答える体勢を整えた。それが「賢者ナータン」である。

この劇には 「十の『断片』にもまさるしたたかさ」で神学者たちを論破しようというレッシングの意図が潜んでいたという。しかし戯曲として書かれていながらもレッシング自身はこれを上演を第一の目的として書いたのではなかった。それはこの作品が宗教的社会的に危険な要素を含んでおり、そして作術としても当時のドイツではなじみのないブランクヴァース(無韻詩。規則的な韻律はもつが押韻は持たないのが特徴)で書かれていたからである。


彼はこの作品を上演目的よりも神学論争にふさわしいものにしようとしたのである。









ハイ・・・すみませんでした(><)




宗教哲学が専門なのでなんやかんやで理論くさ~い頭のモードにどうしても大学にいるときは切り替わってしまいます。




なので気持ち悪い思考回路で発言することがあっても許してください・・・orz




そして友達でいてください(TT)







卒論切羽詰まってると言えど、




バイトもやりたいし、



ボランティアのイベントもよく考えたらこっから目白押し!!!



INB企画、



保護者オリテ、


クリスマスパーティ、


AUS, NZ, CANADAの帰国オリテ@成田空港ホテル





プラス!!!観劇も大学生のうちしかいけないから行きたい!!!




11月はキャッツ東京公演4周年だし、



4月で千秋楽だからな~。



あと何回いけるかな・・・。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

うわ-
卒論難しそう!
あたしも4日までに1万字書かなきゃなんだ・・・・泣
お互い頑張ろう(・∀・)

沂くん、マンゴやりたいんでしょ?ぜひ見たいよね◎

記念日チケット無い・・・・・( ̄□ ̄;)泣
さる | URL | 2008/10/31/Fri 09:59 [編集]
>さるちゃん
卒論一応書いたんだけど、まだまだ校正かかるからさ最近全然寝れないよ

お互い無事に卒業出来るようにガンバろうっじゃなきゃまた一から就活とか死ぬ…


そうそう沂君はマンゴをやりたいんだって記念週終わったらマンゴ稽古して出てきてほしいね(笑)尻に敷かれる沂君とかウケるわ

私もないのよ…だから週末で我慢しようかな…
まちゃ | URL | 2008/10/31/Fri 21:39 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© Tea room. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。