日々思っていること、小ネタなどなどALL MIGHTYな 日記スペース。 ちょっとTEA ROOMでmake yourself at home(^^)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
カウンセラー初体験!!!
本日はとある人材系企業の最終面接前の適性検査がありました。




それ自体はだいたい10分で終わったんだけど、



その後社員の人を就活生に見立てた「キャリアカウンセラー体験」をしました。



ボランティアとかで結構高校生の悩みを聞いて一緒に考えたりすることを3年間やってきたので、



思ってた以上に楽しめました☆




でもこの会社に入社したら、


相手にするのはわたしよりももっと年上で人生経験もあるドクターやナースになるので、




人と向き合うのはすごく楽しいけれど、



その分今までの経験とはまったく違う責任が生まれてくるのかと改めて「社会に出て働くこと」の大変と要求される覚悟を見せられた気分です。




いい勉強になったな~☆



今日学んだことはこれからのボランティア活動に役立てていけそうだし、


もっともっと高校生の視点や悩みを理解するヒアリング能力をつけて、

自分の価値観ではなく、高校生の話をしっかり聞いてカウンセリングができればいいなと思いました^^


今の子供たちは結構苦しい環境にあると思うんです。



生徒の話を聞くと、結構親と対立していた学校の先生によって可能性を摘み取られている子達が私の時代(・・・といっても3年前だけど)からかなり増えていると感じます。

親が子供の可能性を信じてあげなければ、

大人がきちんと生徒に向き合ってあげなければ、


子供たちはどこに光を見つけられるだろう???


人は外的要因で人格が決まっていくものなのに、


その子に自由を与えない親だったり、


最初からやらせてもみないで上から「無理だ」と叩く教師だったら、


その子はどうやって自分の道を切り開けるだろう???



人を信じて、自分の可能性を信じていざというとき物事に飛び込めるだろう???




私はボランティアをする上で何百人という生徒(高校生)と一緒に活動したりしてきたけど、



そのたびに一人ひとりの可能性の大きさに、自分が教えられています。



ほんの短時間にたくさんのことを吸収して、


反発しながらも相手を認めて関係を築いていくことや、


大人には絶対できないような新しい発想を当たり前のようにポンポン出すあの柔軟な考えや、


何かを見返りなく与える心の純粋さ。



こんな可能性の宝庫をどうして大人はつぶしてしまうんだろうと、



たまにそういう保護者の方に会ったりすると悲しくなります。



ま、悲観的になっていても仕方ないので、


自分にできることから高校生のために何かできればいいなと思ってます^^



今日は珍しくまじめっぽく書いてみたんぢゃないかのぅ・・・・(笑)




明日からはまたいつも通りの人間になります(笑)


スポンサーサイト
© Tea room. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。